ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワンマン当日のNobさんは | main | ワンマン当日のNobさんは >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.19 Wednesday

ワンマン当日のNobさんは

[13:30]
ワンマン会場であるミッションズに入る。車から機材やら装飾品やら物販品やらをどんどんおろして店内に運ぶ。コーラスのNonnoさんはやよい軒にて合流済み。5人で搬入を一気にやって、さて、これからリハーサルです。

[14:00-18:00]
リハーサル&会場装飾タイム。今回yukomusicではイヤーモニター(イヤモニ)を導入した。ステージがめっちゃめちゃでっかくて転がしモニターでは追いつかないような環境では当然のように使われていると思うのだが、ミッションズのステージサイズでこれを使うのにはそれなりの理由がありまして。生ドラムとバイオリンのステージ上での距離が近いため、バイオリンを弾いてるmocchiくんが生ドラムの音にかき消されて自分のバイオリンの音が聞こえないという状況に。ピアノ・ドラム・バイオリンならまだ良かったのだが、前回のライブからベースが加わったため、さらに聞こえづらくなったそうな。テレビの歌番組とかではたまにドラムがアクリル板で囲われていたりするのだが、これは例えば隣でピアノを弾いてる人が生のドラムの音をある程度遮断して自分の演奏環境(聞こえる音環境)を良くする効果がある。ミッションズにアクリル板を持ち込むことも実際話しに出たけど、最終的にはイヤモニでいこう!という結論に。バイオリンmocchiくんはイヤホンをして生の音を遮断し、他の楽器の音をミキサーを介してバランス調整し
て、イヤホンに戻すというシステム。自分のバイオリンの音もこれで聞く。他楽器とのリアルな距離感はなくなるが、それでもクリアーに音が聞こえるからやりやすいらしい。yukoさんも同じような理由から今回イヤモニを導入した。スタジオリハーサルでは何度か試したがライブハウスでは初の試み。他にもベースなのにベースでないような音の音量調整、中音外音のバランス、コーラスモニターの調整、照明リハ、ステージ幕の上げ下げの絶妙なタイミングなどなど、やること盛り沢山過ぎてどんどん時間が過ぎていく。効率良くリハーサルを行うため、この時間用の進行表(タイムテーブル)を作っておいたが、すべてにおいて予想以上に時間がかかる。これはヤバい!途中で進行表とにらめっこしながら、絶対必要なこと以外を省いていく。それでも予定時間をはるかにオーバーしてリハーサル終了。さぁここからは会場セッティング!全員散らばって一気に作業する。現場監督するはずの主役であるyukoさん本人が椅子に登っての作業。ミッションズ店長さんに「おいおいっ」と突っ込まれました。物販スタッフさん、カメラスタッフさんも手伝ってくれて
、ビデオカメラのセット、椅子並べ、舞台の飾り付け、物販コーナーのセッティング…その他諸々が怒涛のように片づいていく。なんとか18:00には完了!おぉー間に合った!オープン時間18:30の30分前には終わらせたかった。気持ちに余裕を持たせる時間って、やっぱりどうしても必要なのでね。スタッフさんにはマジで感謝です。このドタバタの中で、朝買っておいたミスタードーナツは綺麗さっぱりなくなりました。ポンデリングはやっぱりうまい!

[18:00-18:30]
一通りやること終わったので、物販コーナーをのんびりと見学してた僕。リラックスタイム。

[18:30]
会場OPEN。お客さんが続々と入ってくる!会場のスクリーンではyukomusiumが上映されてる。俺は楽屋へと移動。yukomusicの皆様が準備中です。自分も着替えなきゃね♪



続く。。。
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR