ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワンマン当日のNobさんは | main | ワンマン当日のNobさんは >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.12.20 Thursday

ワンマン当日のNobさんは

[19:00-21:30]
本番。2時間半にも及ぶライブ、とにかくセットリストは慎重に作った。当然私Nob1人で作ったのではないが、ライブの構成や流れを何よりも最重要視すると自分で言い切っている以上は自分が納得しないと気がすまないため、丸2日かけて考えて、セットリストの骨組みは提案させてもらった。ここがぐだると、どんなにアレンジが素晴らしい楽曲であっても印象に残らず台無しになってしまうことが往々にしてあるので。あとはメンバー皆で打ち合わせしながら入念に流れを確認していく。本番では当然予定通りにいかないこともある。常にその場の空気を読みながら進行していく必要があるので、あくまでガイドラインとしての決めごと。ただ1つ、これは失敗した!と思うことがアンコール。いや、失敗というか…ですね、僕個人的にはお決まりのアンコールっていう演出が非常に好きではない。ってか嫌い。アンコールがあって当たり前なセットリストを組むというライブの文化と言ってもいいのか?これをなんとかしたい。本編で完璧な流れの演出を組み立てればよい。ということで今回のセットリストはアンコールなんて全く考えてなかった。むしろアンコールが起き
ないような演出構成でやったつもりだったのだが…そりゃ初ワンマン、アンコール起きても不思議じゃないよね。今思えばそりゃそうだ。マジで何にも用意をしていなかった。今後ライブをやる時もやっぱりアンコールが起きないような演出構成で組み立てていきたいが、そこは僕も一応大人なので空気読みます。過去に人のライブを見てて、1度だけアンコールに感動したことがある。完璧な構成の30分で俺は大満足してたのだが、会場ではアンコールが起きている。そのバンドは1曲だけアンコールをやってくれたが、その選曲が素晴らしかった。封印した訳ではなかったと思うんだけど、以前は毎回ライブの最後の曲としてやってた曲だった。ずーっとやってなかったから、ひさしぶりに聞けて超感動した。こういうアンコールは素晴らしいと思う。ポイントはこれだな。何はともあれ、全16曲に及んだ今回のyuko初ワンマン、俺はドラムサポートなのでステージ出たり引っ込んだりしながらで参加させてもらったのですが、俺もステージの下から見たかったってのもぶっちゃけた本音です。でも演奏者としてステージで共演できるってことはやっぱり一番の贅沢で
すよね。ステージ上からお客さんの顔を見てて、視線がyukoさんに集まり、その表情を見てたらなんかすごく嬉しかったです。



もうちょっと続く。。。
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR