ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月のライブ | main | ワンマンCD発売! >>
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.03.11 Monday

餓鬼道メンバー詳細

餓鬼道の次回ライブは4/26(金)に高円寺MISSION'Sですが、
その告知動画ってのがあります。これ、とってもかっこいい。

餓鬼道/Next Live

リハーサル中にyumeさんが「なんかビートで音ちょうだい〜」とか「今度はぐしゃぐしゃした音ちょうだい〜」と言って、さらっと録音したものがこんなになるとは・・・。

そんな餓鬼道リハーサル後を写メでパチリ。手前からBa.SiNさん、Vo.yumeさん、Gt.森本くん。



あらま!皆様すっぴんでございますよー( ̄∀ ̄)

リハーサル後は大体こんな感じでソファーに座りながらあれこれ話しをしてるのですが、家が遠い僕は毎回「ではまた来週!」って言って真っ先に帰ってしまいます。htnkリハでも同じ。夜も遅い時間なのでね…。yukomusicの時はリハが夕方ってこともあってのんびりしてますけどね。

このリハ後の時間に餓鬼道メンバーで話してる内容って非常に興味深いのだが・・・とても刺激が強いです。カルチャーショックを受けることしばしば。。

カルチャーショックと言えば会話中だけでなく、リハーサル中でも起こります。Vo.yumeさんが「イントロでなんかキンキンした音が欲しいんだけど、ギターで出せる?」Gt.森本くん「あ、いけますよ」軽い返事で弾き出したら、ホントにキンキンした音が出てる!!よく見たらピックの代わりに…ん?ライター!?なぬっ??

この餓鬼道ギター・森本氏は色んなことがぶっ飛んでいる。俺は勝手に【森本伝説】とカテゴライズして自分の中では理解している。森本伝説は公表しても大丈夫かと思う内容が多いのでいくつかあげてみる。ちなみに餓鬼道ベーシスト【SiN伝説】というのもNobの中には存在するが、こちらは公にできない内容がほとんどなのでこの日記では割愛させていただくことにする。

【森本伝説】
 愨膺い伝説』
女性的な顔立ちで、一見小柄に見える森本氏。ホントに小柄なのだが食べる量が尋常ではない。回転寿司で例えてもらったら驚愕の返答が。なんと…60皿。おいおいまてまて!では一番最近、これはいっぱい食べた〜ってのはどれぐらい?と質問したら、「ちょっとした集まりで…10人ぐらいいたんですが、お昼ご飯に松屋の牛丼が10個あったんですよ。で5人が食べなかったので残りは食べときました。」だそうな。
◆愎圭URGA年間最多出演記録保持伝説』
ギター以外にドラムも叩く森本氏。4年ぐらい前は色んなバンドに参加してて、一週間で4回、新宿URGAのステージに立ったこともあるらしい。さらに翌週にも4回とか。その年のライブは年間100本を超えていたそうな。
『レコードを売って生活伝説』
一時期、無収入だった森本氏。家にあるレコードを売りながら生活費を稼いでいたらしいが、1年間それで暮らせたそうな。

に関してはSiNさんも同じようなことしてた時期があったようなこと言ってたな、そういえば。これ、私Nobには到底理解できない世界。値打ちのあるものを安く買って高く売る。需要と供給であるからして理論的に成り立つのはわかる。しかしそれは世の中的に『値打ちのあるもの・価値があるもの』がわかっていないとできないことであり、そもそもその部分で全く知識を持っていないNobには当然未知な分野だ。

餓鬼道におけるカルチャーショックは他にもある。例えばライブで1回しかやらない楽曲というのも存在する。というか、その日のためだけの曲、を作ってしまう。2/2にライブをやったんだけど、やはりその日のための楽曲ってのがあった。カバーとかではない。完全オリジナル。歌詞を書き、メロディーをつけ、それらを記憶し、バンドで練習をして、1回ライブでやったらもうやらない。なんてもったいない話しなんだ!!餓鬼道は5月に大阪に行くが、写真のリハーサルの時はその日のための楽曲をアレンジしてた。夏に10分だけライブをやるってイベントに出演が決まってるが、ボーカルのyumeさん、全く新しいことしようとを企んでいるようで「10分間で何をするか、考えてたら今からテンション上がっちゃってさ〜(笑)」って言ってた。

俺からすると思いもよらない考え方だ。カバーとかセッションでとかでその日のライブ、その瞬間のためだけのものを作る!…なら理解できるが、作り込んでの作品を一回こっきり、はい終わり!…潔いというか男らしいというか。○月○日のライブ、その時その瞬間のためだけの作品。

常に作品を作り続け、新しいことを考えていないとできないこと。常に自分たちが新鮮な気持ちでいたい…って考え方からの行動と理解できるが、【1本のライブ】に対する心構えというものをあらためて自問自答させられる内容です。

もちろんそればかりでは自己満足で終わってしまう。ショーというのはお客さんがいて成り立つものなので、お客さんが聞きたいって曲はやる必要がある。曲に限らずパフォーマンスしかり。餓鬼道はその辺のバランスもうまいんだなぁと思います。長年に渡って色んなバンドに関わってきてるNobですが、それぞれのバンドの環境や活動スタンスってものがあるのでやっぱり運営方法ってのもそれぞれで。餓鬼道ではその辺も含めて色々と勉強させてもらってる気がしますね。
2016.02.05 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR